AirTagが接続されていないエラー「最大アイテムが追加されました」を修正する方法

各 Apple ID は、最大 16 個の AirTags に関連付けることができます、一度に最大 16 個のオブジェクトを追跡できます。

AirTagが接続されていないエラー「最大アイテムが追加されました」を修正する方法

多くの iPhone および iPad ユーザーが、Airtag の追加または接続に問題を抱えています。 Airtag が接続できず、「Maximum Objects added - To add AirTag, open FindMy and delete one of items that are associated to your Apple ID」というエラー メッセージが表示されます。この問題は、iPhone 13/12 Pro、Apple Watch、iPad Pro などの多くの iPhone モデルで確認されています。 Airtag が追加されていない場合でも、iPhone は最大制限に達したことを示すエラーを表示します。

Airtag を接続できず、16 台のデバイスが接続されておらず、「追加されたアイテムの最大数 - AirTag を追加するには、FindMy を開いて、Apple ID にペアリングされているオブジェクトの 1 つを削除してください」というエラーが表示される場合は、以下の方法を試してください。彼らが支援するかどうかを確認します。

  1. iPhone で iCloud アカウントからサインアウトしてから、再度サインインしてみてください。
  2. Apple は各デバイスを個別の接続として扱うため、左右の AirPod が両方とも接続されている場合、2 つの接続として報告されます。 AirTag を追加できず、16 個のアイテム/デバイスが追加されていない場合は、Find Me と Bluetooth からすべての AirPods を削除する必要があります。これは通常は機能します。
  3. もう 1 つの救済策として、AirTag を追加すると、Find My アプリが、監視しているすべてのデバイスとオブジェクトを誤ってカウントして、デバイスが多すぎるかどうかを判断するというものがあります。解決策は、デバイスを削除し、AirTag を追加してから、デバイスを戻します。
  4. この問題は AirPods ファームウェアのアップグレードに関連していると言われており、改訂後に多くの顧客に問題が発生し始めました。 Apple はこの問題に対する恒久的なパッチをリリースする予定であるため、Apple デバイスを最新の状態に保つことをお勧めします。
ブログに戻る

あなたは好きかもしれません

1 5